字間・字幅のバランス調整済み

同じ文字でもサイズや書体により字間・字幅や配置が異なります。
印鑑のデータを作成する場合、文字のベタ打ちではアンバランスになる場合があり美しいバランスを保てません。
当サイトでは全ての印鑑データで文字のバランスを取り、違和感のない美しい印鑑へ仕上げています。

調

最小単位での調整と人の目による確認

印鑑に適した書体配置へ

適度な文字詰め・字間・字幅へ調整済み。よくある印鑑の自動生成ではこれらのバランス調整が無い場合が多く、出力された印鑑データに違和感が生じます。当サイトではPCでの最小単位調整・人の目による最終確認を行っています。

書体の字間・字幅の調整箇所
1
適度な文字詰め

文字のベタ打ちでは不要なアキが発生します。印鑑として見栄えの良いように、適度に文字を詰め、全体の体裁を整えています。

2
字幅の調整

文字を縦組みする場合、ジグザクに見え揃わない場合があります。微妙なズレを調整し、直線的に見えるよう調整しています。

3
上下の余白調整

上下の余白を整えています。これにより文字の一体感・塊感が出て違和感のない綺麗な印鑑へ仕上がります。

拡大・縮小時のバランス調整

印鑑データを拡大・縮小した際に全体のバランスが崩れないよう調整を行っています。例えば拡大した場合、縁と書体が細くなってしまい密度が低下、バランスを崩してしまいます。それらを防ぐために、各サイズ縁と書体の太さ・密度のバランスを調整しています。

拡大・縮小時のバランスを調整
1
縮小しても違和感なく調整

縮小した場合、文字が潰れやすく縁が太く(もくしは細く)なりがちです。全てのサイズで均等にサイズを整えることにより、違和感のない自然な印鑑データへ仕上げています。

2
拡大サイズでもバランス良く

サイズが大きくなるほど、文字と縁に太さが必要です。細いままでは密度が低くアンバランスな印象を受けます。全ての印鑑データで書体の重み・縁の太さを調整し、違和感のない堂々としたデザインへ整えています。

実際に出力後、データとの差がないか確認

PC上で設定したサイズと印刷出力後に差がないか、全てのデータで確認と調整を行っています。例えばSサイズは直径9.5mmに設定していますが、実際に用紙などに印刷した場合、直径7.0mmで印刷されてしまうかもしれません。全て意図したサイズで出力されるように、全データの確認・調整を行っています。

出力後のデータ確認と調整
1
全データで出力確認・調整済み

全ての印鑑・サイズ・ファイル形式で出力確認と調整を行っています。
PC上のサイズと用紙に印刷したサイズが違えば、電子印鑑の意味がありません。
お使いのプリンターや設定などにより誤差はありますが、どのような環境でもPC上のデータと出力データがほぼ一致するよう調整を行っています。

五十音順から探す
高品質データへの取り組み